医者

薬を正しく飲ませる難しさ

female

薬が多いと増える困難

病院を受診して治療を行うことになると、多くの場合には薬を処方されることになります。その際に服薬の指導を行うのは薬剤師の仕事であり、その指導をきちんと聞いた上で飲む必要があります。服薬を正しく行ってもらうためにうまく患者に指導をしてもらえますが、高齢者や小さな子供などになると正しく服薬をするというのは簡単なことではありません。たった1つの薬であればいつ飲めば良いということを伝えるのは簡単ですが、人によってはいくつもの薬が処方されていて、それぞれの薬で飲むタイミングが違うことも多いからです。また、他の医師から処方されて別の薬局でもらっている薬を患者が持っていることもあるため、状況がより複雑になることも多くて難しいのが服薬の特徴です。

効果的な工夫の仕方

服薬の場合、医師や薬剤師が丁寧に処方してくれるので安心です。近年は服薬治療と呼ばれるようにもなっています。まず処方されたものを指示された期間服用し、それで何も変化がなかった、副作用が出てしまったという場合には医師や薬剤師に相談しましょう。医療機関では状況をきちんと聞いて、その後再度服薬する薬を変えてくれます。薬は内科や心療内科、皮膚科など様々な機関で出されますが、どういった症状でも言われた量を飲む、時間帯を守るということを徹底しましょう。薬は健康食品ではないので、きちんと飲まないと効果が出ないからです。また反対に副作用を引き起こしてしまうこともあるので、約束は守りましょう。

Copyright© 2015 腸閉塞は病院での治療が必須!~病は症状が進行する前に通院しよう~All Rights Reserved.