医者

便秘が続く腸の病気とは

man

腸閉塞は激しい腹痛や嘔吐の症状が突然起きる腸の病気で、医学用語ではイレウスと呼ばれています。腸閉塞は幼児からお年寄りまで発症する可能性がある病気です。誰もが発症する可能性がある病気と言えます。また、腸の手術を受けたことがある方は、発症するリスクが高くなるといわれています。腸閉塞は、激しい腹痛や嘔吐を起こす前に便やおならが出ないといった症状が続きます。便秘がちな方は、自己流の対策方法を行うこともあるでしょう。しかし、便秘が続いてなかなか解消されない、おならが出ない、吐き気がする、お腹が張っているといった症状が続いたら一度病院で診察を受けるようにしましょう。放置すると症状が悪化して腸閉塞を起こす可能性が高くなります。

では、腸閉塞を起こす原因についてみていきましょう。私達は食べ物を食べると胃や腸で栄養分が吸収され、食べかすなどは便として排出されます。しかし、腸に障害が起こり狭くなったり、くっついたりねじれてしまったりすることがあります。すると、腸の中の食べカスがどんどん溜まっていき詰まってしまいます。食べカスが溜まり腸が張ってきて腹痛が起こります。また、溜まった食べカスが逆流して嘔吐してしまうこともあります。腸に障害が起きるのは、大腸がんなどの腫瘍が原因になることもあります。治療は、細い管で腸の内容物を吸い出す方法とお腹を切り開いて手術する方法があります。お年寄りで便が硬くて便秘がちな方は、腸閉塞を発症しやすいといわれていますので気を付けるようにしましょう。

がんのクリニック

man

池袋クリニックは、細胞療法やワクチン療法などの最先端のがん治療を行っている。これらの治療法は副作用が少なく、がん治療に伴う苦痛を大きく軽減することができる。池袋クリニックは良心的な料金体系であり、安心してがんの最先端治療が受けられる。

詳しくはこちら

薬を正しく飲ませる難しさ

female

薬剤師や医師などが処方してくれる薬を飲むことを服薬といいますが、これはきちんと約束を守らないといけません。安易に量を変えたり時間帯を変えたりしてはいけません。指示をしっかりと守ることで症状緩和や病気の回復が見られます。

詳しくはこちら

人気のわけ

female

新宿は場所柄、多くの方が集るので、内科などの病院が多くあります。仕事帰りでも受診できるように夜遅くまで診療している場合もあります。また診療だけではなく、他にも予防接種や健康診断もできるので、いろいろな活用が出来るので人気の場所です。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 腸閉塞は病院での治療が必須!~病は症状が進行する前に通院しよう~All Rights Reserved.